ARCHIVE(過去に開催された展覧会)
Spring step 希望までの距離 大場節子絵画展

会期:2019年4月3日(水)~17日(日) 10時~19時30分

会場:Bunkamura Gallery
〒150-0024 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura 1F メインロビーフロア
入場無料・会期中無休

■トークイベント
大場節子本人より、新作を中心として展示作品にまつわるストーリーについてお話をしていただく予定です。
【日時】 4月6日(土) 15時 ~ (約1 時間を予定)
【会場】 Bunkamura Gallery
※事前予約不要・入場無料。 ※上記の時間に直接お越しください。

■ワークショップ 一本の線を鉛筆で”
作家と一緒にシンプルなツールを使ってデッサンの愉しさを体感していただけます!
※ 所要時間は1 時間程度を予定。
※①②とも同じ内容です。
【日 時】 ①4月10日(水)14時 ~ 15時  ②4月12日(金)18時 ~ 19時
【会 場】 Bunkamura Gallery
【定 員】 各10名
【参加費】 ¥1,500 税込 ・材料費(筆記用具・紙など) 込み
※事前予約制です。03-3477-9174(Bunkamura Gallery) までお申込みください。

旅を越え、出会った光
1990 年よりパリを拠点に単身で世界各地へ赴き、求める色面を追いつづける大場節子。これまでもヨーロッパをはじめ、スペイン、モロッコ、アフリカ、南米や中東を描いた作品を発表してきました。
未訪の地をキャンバスに捉えようと、余勢を尽くし模索する自らを、「旅人そのものだった」と語ります。
そして2018 年は、長い旅の原点であるパリをもう一度描きたいという想いが膨らみました。
これまで何度も訪れたパリですが、今回は、旅人というより、生活者から見た情景を捉え、作品への新たな希望へと昇華していきました。
Bunkamura Gallery では4 度目となる本展では、パリを中心にモンサンミッシェルやフランスの美しい村など、新しいフォーカスから描いた油彩、水彩の新作絵画をご紹介いたします。
具象から抽象へと大きく溶け出す筆跡や、心情の切実さを見せつける激情的な色彩。
大場節子の新境地を、ぜひご覧ください。
更に、2017 年までの作品を収めた最新の画集も発表。

『すばるへ 雫は星形に降って来る』
2017 年までの作品を収めた最新の画集です。


「輪っか かさなり ふわり ふりつもる」
油彩 キャンバス 91×116㎝


「マルシェ・バスティーユ」
水彩 紙 31×41㎝