ARCHIVE(過去に開催された展覧会)
描かれたバレエダンサー展

by
大河原典子、古河原 泉、繭山桃子、山本大貴、トッド・ハインデル
〈特別出品〉ロバート・ハインデル

会期:2020年6月17日〔水〕~23日〔火〕 (最終日は午後4時閉場)
※営業時間につきましては西武池袋本店のホームページをご確認ください。
感染拡大防止のため、催事の中止や延期、一部内容が変更となる場合がございます。
何とぞご理解賜りますようお願い申しあげます。

会場:西武池袋本店6階(中央B8)=西武アート・フォーラム
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 お問い合わせ:03(5949)5276〈直通電話〉

 

19世紀後半パリ・オペラ座に通い、バレエダンサーのいる情景を描いた印象派の巨匠・ドガ。
「バレエダンサーは人間が到達し得る最高の美的領域」と語り、世界のバレエ団のダンサーの躍動の一瞬を描き「現代のドガ」と言われたロバート・ハインデル。画家にとって、バレエやバレエダンサーは、その魂を揺さぶる創造の源です。2016年、2018年に続き3度目となる本展では、牧阿佐美バレエ団の取材を重ね、それぞれの新世界を披露します。
それぞれ視点は異なるが、同じモチーフに挑戦する5人の画家たちの作品を一同に展示し、若き才能の感性・個性を感じとれる興味の尽きない本展にみなさまのお越しを心よりお待ち申しあげます。
今展では、ロバート・ハインデルの原画・版画も特別出展いたします。
また、牧阿佐美バレエ団の貴重な舞台衣装を特別に展示いたします。

※山本大貴氏の作品販売につきましては、誠に勝手ながら、会期初日6月17日(水)午後1時までの抽選といたします。詳細はアートオブセッションまでお問い合わせください。